エレガントな女性用名刺は【花柄】で!花言葉で選ぶビジネスにふさわしい花7選!

エレガントな女性用名刺は【花柄】で!花言葉で選ぶビジネスにふさわしい花7選! コラム

人々の目を楽しませ、心にうるおいを与えてくれる「花」。

これを名刺デザインに取り込めば、エレガントでおしゃれな名刺となるのではないでしょうか。

この記事ではそんな名刺に花柄を取り込む場合のアイデアのヒントをご紹介するとともに、ビジネスシーンにふさわしい花の種類を「花言葉」の側面から考えてみたいと思います。

エレガントでかわいらしい花柄は女性用名刺にはピッタリなモチーフです。

ビジネスシーンを優雅に乗り切るハイセンスな営業ツールとして名刺を役立てるためのヒントを、どうぞ読み取ってください。

花言葉から見るビジネス名刺にふさわしい花7選

花言葉から見るビジネス名刺にふさわしい花7選

108本のバラは「結婚してください」という意味があるように、主に男女間の贈り物などの時に活躍する「花言葉」ですが、その意味合いをうまく活用すれば、ビジネスシーンでも役立つモチーフとして使えるはずです。

そこでビジネスシーンで活躍しそうな花言葉から選んだ、7つの花をここではご紹介します。

ガーベラ(赤)

ガーベラ(赤)

赤いガーベラの花言葉は「限りなき挑戦」

ベンチャー系ビジネスやフリーランスの名刺にはまさにピッタリのモチーフですが、それだけでなく、そうした企業や個人を応援する転職サイトやエージェントの名刺にもおすすめです。

ガーベラ(オレンジ)

ガーベラオレンジ

オレンジのガーベラは「忍耐強さ」「冒険心」といった花言葉を持ちます。

同じ企業でもじっくりと取り組みたい1つのプロジェクトを象徴するモチーフとして、オレンジのガーベラをいかしてみるのはいかがでしょう。

ピンクッション

ピンクッション

聞きなれない名前と見た目のピンクッションは南アフリカ原産のワイルドフラワーで、「どこでも成功を」という花言葉を持ちます。

その見た目通り「針山=ピン・クッション」という名前のこの花は、起業したばかりの会社やフリーランス、新規立ち上げ部署の名刺などにもおすすめです。

オーニソガラム

オーニソガラム

キリスト誕生時に東方の三賢者を導いた星が野に散ってこの花になったという伝説を持つ、一風変わったこの花の花言葉は「才能」

センスを売り物にしたいフリーランスクリエイターや、少数精鋭のIT企業の名刺に使ってみるのはいかがでしょう。

ヒマワリ

ヒマワリ

誰もが知る夏の定番花ヒマワリの花言葉は「崇拝」「憧れ」です。

この意味をうまく使って、憧れを受けるインフルエンサーやカリスマ経営者の名刺に利用したり、そういった人たちをマネジメントする立場の職種用名刺に使うのもよいでしょう。

技術力を売り物とした一部の職能集団などの名刺にもおすすめです。

ユリ(白)

ユリ(白)

カサブランカなどに代表される白のユリが持つ花言葉は「威厳」で、フォーマルで改まったイメージは他の追随を許しません。

士業や医師などの「信頼感」を演出したい職業や、旅館や飲食店、販売店などで「老舗感」「高級感」を演出したい場合にも「威厳」の花言葉はうまくいかせるでしょう。

グロリオサ

グロリオサ

「勇敢」「栄光」といった華々しくも力強い花言葉を持ったグロリオサ。

花名自体も「glorious(英):グロリアス(栄光ある)」の語源ともなったラテン語の「gloriosus:見事な」に由来するぐらい、堂々としたイメージが強い花です。

業界の中で雄々しく戦う独立系企業やフリーランスの名刺に使い、その崇高なる覚悟を見せるというのは粋な使い方ではないでしょうか。

名刺デザインに花柄を活かす方法

名刺デザインに花柄を活かす方法

花というのは美しく人の目を引くものですが、それは意を返せばビジュアル的にも強い個性を持っているということにもなります。

そのため名刺デザインに使う場合には、うまくその個性との協調を持たせたデザインとしなければ、伝えたい内容(テキストデータ)よりも花のメッセージの方が強くでてしまうでしょう。

そこでここでは、そんな花柄を名刺デザインにいかす方法の実例をご紹介します。

背景に使う

花の写真やイラストなどの画像を名刺全体に背景として利用して、その上にテキストデータを印刷する方法は、見る者に強いインパクトを与えることができます。

しかし、単にそのまま画像にテキストを重ねるだけでは、花のインパクトにテキストが負けてしまうでしょう。

画像自体に網掛けをほどこして彩度を落としたり、テキスト部分をブロックで囲い白抜き、もしくはその部分だけ他の部分より彩度を落とした網掛けとしてテキストを目立たせるひと工夫が必要です。

囲い枠に使う

花柄をうまく名刺デザインに利用する方法としては、囲い枠にして使うという方法もあります。

好きな花1輪をイラストに落として、それを反転・回転を組み合わせて囲い枠に加工すれば、中のテキストを華やかに彩る鮮やかなフレームが作れるでしょう。

こうした作業はillustratorなどを利用すれば比較的簡単にできますが、難しい場合は「ココナラ」などのクラウドソーシングサービスで依頼することにより、好みのデザインを手に入れることもできます。

>>おしゃれで洗練された枠組み(フレーム)入り名刺|フリー素材9選紹介

アクセント画像として使う

花柄を名刺の全体に使う場合は網掛けをするなどの処理をして、花の持つインパクトを少し抑える必要がありますが、もっとしっかりと花の写真やイラストをいかしたい場合には、名刺の一部にアクセント画像として利用するのが良いでしょう。

この場合は美しい花の写真またはイラストの部分と、テキストデータ部分とのレイアウトバランスを取ることが重要です。

この時は「黄金比率」と呼ばれるバランス比率を使うなどすれば、人が見て「落ち着く」と感じるデザインでレイアウトをすることができるでしょう。

>>名刺サイズは黄金比が基本|黄金比を意識したデザインの作り方

ワンポイントに使う

花1輪、もしくは花びら1枚だけをモチーフとして使い、ワンポイントのデザインとして名刺の一部に利用するのもおすすめです。

こうすることにより花の持つメッセージは控え目に、その美しさだけをうまく取り入れたデザインとなりますので、おしゃれな名刺とすることができます。

花柄名刺の最終兵器!3Dアート花名刺

花柄名刺の最終兵器!3Dアート花名刺

花柄をうまく名刺デザインに落とし込むアイデアはいくつもありますが、その中でもかなり突飛なアイデアとしておすすめできるのが3Dアートで表現した名刺です。

ここではそんな3Dアートの花名刺のアイデアをご紹介します。

ミニチュアフラワー

ミニチュアフラワー

本物の花を模して作る造花ですが、中でも実物の花よりも小さく作り上げたミニチュアフラワー。

これを名刺の片隅に貼り付けてしまうという、あまりにも大胆なデザインをすれば、ライバルに差をつける圧倒的に目立つ花名刺を作ることができるでしょう。

画像引用:ピンタレスト【3D 花名刺】検索

ペーパーアート

ペーパーアート

名刺の一部が盛り上がったように紙が加工され、石こうで作られた花のような印象を与えてくれるペーパーアートの3D花名刺。

より一層エレガントで特別感のあるおしゃれな3D花名刺です。

画像引用:ピンタレスト【3D 花名刺】検索

2つ折り飛び出す名刺

2つ折り飛び出す名刺

子どものころ誰もが親しんだ「飛び出す絵本」のように、2つ折りにされた名刺を開くと中からイラストや写真がポップアップする飛び出す名刺。

この技法を用いて中から花束の写真やイラストが飛び出す演出を施せば、渡した相手に楽しんでもらえるだけでなく、その後もデスク回りなどに飾っておいてもらえるといった、二次利用であなたのブランドや名前を印象に残し続けるアイデアです。

画像引用:ピンタレスト【3D 花名刺】検索

>>初対面でインパクトを残す飛び出す名刺の作り方|AR名刺ってなに?

まとめ

この記事では、初対面の相手にインパクトと好印象を与えるおしゃれで美しい花柄の名刺アイデアについて解説してまいりました。

どのアイデアを用いる場合でも、花名刺を作る場合には花の持つ強さとテキストデータのバランスを間違えないことが大切です。

あくまで花は自社や自身のブランドイメージを補完するためのアイテムにしかすぎず、それ自体が名刺の主役ではありませんので、そこは間違えないようにデザインしたいもの。

花言葉をさりげなく名刺の中に書き入れたり、花の一部のみをデザインしたりと、さりげない工夫も駆使して、このエレガントでおしゃれなビジネスツールを手に入れてください。

タイトルとURLをコピーしました