店舗型ビジネス必見!名刺に見やすい地図を入れる方法|作成&表現方法

店舗型ビジネス必見!名刺に見やすい地図を入れる方法|作成&表現方法 コラム

一般的なビジネスシーンで交わされる名刺には無く、店舗型ビジネスの名刺特有の記載情報に地図があります。

実店舗を持ち、そこに来店するお客様がいる形のビジネスであるため、店舗型ビジネスの名刺の場合は、住所の記載だけではなく、ビジュアルで確認できる地図の挿入が不可欠といえるでしょう。

この記事では、店舗型ビジネスの名刺に地図を入れる際の注意点や、実際に地図を作成する方法について解説。

顧客ニーズを第一に考えた、ユーザーにやさしい名刺が作りたい店舗型ビジネスの経営者さんは、どうぞ最後までお付き合いください。

実店舗を持つ店舗型ビジネスの名刺術

実店舗を持つ店舗型ビジネスの名刺術

実店舗を構え、そこに「来店した」お客様に配る名刺である以上、必ずしも地図を入れる必要はないのではないか?

そう考える店舗型ビジネスの経営者さんもいるかもしれません。

また、ショップカードを用意しているので、地図はそちらに入れればいいや。

それもまた、間違った考えだとは言えないでしょう。

しかし、店舗型ビジネスがあえて「名刺」に地図を入れる意味は、ちゃんとあります。

ここではそんな店舗型ビジネスの名刺における、地図の活用法について考えてみましょう。

名刺に地図を入れるメリット

店舗型ビジネスの名刺に地図を入れるメリットは、おおむね次の3つです。

  1. 名刺とショップカードを兼用でき、経費の削減につながる
  2. 店舗外で出会った人に自店の宣伝ができる
  3. 名刺をもらった人が他の誰かに宣伝してもらう際のツールとなる

この中で特に見落としがちなメリットが、3番の「他の誰かへの宣伝ツールになる」です。

大半のお客様というものは、多かれ少なかれ友人や知人といった第三者に、「自分の知るいい店を紹介」したいという欲求を持っています。

その際に便利なのは、自分が受け取った名刺をその「誰か」に渡して紹介することです。

単に店舗の名前を言うだけでなく、スタッフの名前とともに紹介することが、そのお客様にとっても「店を良く知っている」という特別感を演出してくれます。

これこそが「店舗に来たことがあるお客様に地図入り名刺を渡す」最大のメリットであり、名刺自体が強力な宣伝ツールとなってくれる好例です。

わかりやすい地図を入れる

せっかく名刺に地図を入れるのであれば、その地図はできる限りわかりやすくなければいけません。

しかし、「わかりやすい地図」とひとことで言っても、その意味合いは2つあります。

見やすい地図

最初は文字通り「見やすい地図」であることです。

駅など目印からの道順がはっきりとわかりやすく、できる限り簡潔に描かれ、なおかつデザイン的にも美しいというのが、見やすい地図の理想形。

地図を見てもわかりにくいほど、複雑な場所に店舗がある場合などは、地図自体を専門のプロデザイナーに頼むなど、何らかの工夫を施したいものです。

検索しやすい地図

スマホの普及とGoogleマップなどの浸透により、近年のユーザーは紙の地図を見る機会が大幅に減っています。

そのため名刺に入れる地図も、画像としての地図ではなく、Googleマップでの店舗位置情報をQRコード化した、検索しやすい地図とすることも、近年の店舗型ビジネスの名刺では有効な施策です。

特に駅などの目印からの道順が複雑だったり、長かったりする店舗では有効な手段で、スマホでのナビ付きでお客様を店舗まで導いてくれるという、新しい地図の形といえるでしょう。

わかりやすい地図を作成する方法

わかりやすい地図を作成する方法

先述した通り、複雑な地図を作成するには、地図専門のデザイナーなどに発注するほうが、わかりやすく美しい地図を作成することができるのは間違いありません。

しかし、そうした費用をかけられない場合や、かんたんな地図の場合は、自分で作成することを選択するのも良いでしょう。

ここでは、わかりやすい地図を作成する方法について、2つほどご紹介します。

地図作成フリーソフト

大抵のパソコンにはインストールされている、WordやExcel、またはIllustratorなどのグラフィックソフトでも、地図は作成することができます

しかし、その場合わかりやすく美しい地図を作るには、若干のテクニックを必要としますので、一般に地図を自作する場合は、専門のフリーソフトを使うのがおすすめです。

ここでは初心者でも比較的かんたんに地図が作成できる、フリーソフトをご紹介しておきます。

♪案内地図:道路や標識、建物などのパーツを組み合わせるだけで、かんたんに案内地図画像を作成できるソフトです。

GoogleマップのQRコード化

Webブラウザやスマホアプリで手軽に利用でき、目的地までの案内をしてくれるナビ機能までついたGoogleマップの有効活用は、現代の店舗経営にはもはや不可欠です。

店舗の公式Webサイトに埋め込むだけでなく、店舗の位置情報を表したURLをQRコード化し、名刺に印刷することにより、お客様をスムーズにお店まで誘導してくれます。

Google マップをQRコード化するには、次のような手順で行ってみてください(Webブラウザでの場合)。

  1. Googleマップで目的地を入力
  2. 左上にあるメニューをクリックし、「地図を共有または埋め込む」を選択。または、「共有」アイコンをクリックして、リンクをコピーする
  3. コピーしたリンクをQRコード作成用のフリーソフトなどを利用し、QRコードに変換する
  4. 完成したQRコードを自前のスマホで読み取ってみて、うまく地図が表示されるかを確認
  5. 問題なければ名刺データに貼り込む

なお、QRコードを作成するフリーソフトに関しては、次の記事でもご紹介しておりますので、よろしければご参照ください。

>>【LINE、インスタ】QRコード入り名刺が便利な理由と名刺デザインのコツ

名刺裏面を利用した地図掲載のポイント

名刺裏面を利用した地図掲載のポイント

それでは最後に、名刺の裏面を利用して地図を掲載する場合のポイントについて、地図画像とQRコードのどちらを利用した方がいいかということを中心にご紹介します。

地図画像が良い場合

地図画像を利用したほうが良いケースは、次のようなものが考えられます。

  • 駅などの目印からの距離が近く、道順もわかりやすい場合
  • ビジュアルデザインとしての地図を掲載したい場合
  • 自店の顧客層が比較的年配層が多い場合

QRコードが良い場合

その反面、QRコードで表現したほうが良いケースは、次のとおりです。

  • 目印からの道のりが長く、道順も複雑な場合
  • 地図データの他にSNSアカウントやホームページアドレスなど、掲載情報が多い場合
  • 若者層が客層の中心である場合

名刺印刷にはネット印刷がおすすめ

最近は安価な家庭用プリンタの普及や、名刺作成用のフリーソフトなども充実していることもあり、初心者でも美しい名刺を作ることが、かんたんにできるようになっています。

しかし、ショップカードにも転用できる店舗型ビジネスの名刺は、製作枚数も大量になるため、自作するよりもネット印刷の業者に頼んだほうが、安い場合がほとんどでしょう。

印刷クオリティもその方が高いのも当然ですし、店舗イメージに合わせた用紙も豊富なストックから選べますので、店舗型ビジネスの名刺に関しては、専門の印刷業者に発注することをおすすめします。

まとめ

この記事では、店舗型名刺に地図を印刷するメリットと、その注意点。

さらには、地図を製作する方法について解説するとともに、「地図画像」もしくは「QRコード化したGoogleマップデータ」という、の2つの地図表現方法について、その活用例を交えてご紹介いたしました。

実店舗を構えた店舗型ビジネスという、通常のビジネスシーンとは違った名刺の使い方をする場合では、いずれの方法を選ぶにしても、地図データを掲載するのは必須です。

ユーザーファーストの視点を持って、自店にピッタリな地図入り名刺を作成し、ぜひとも強力な営業ツールの1つとして取り入れてください。

タイトルとURLをコピーしました