和風で攻めろ!フリーランスクリエイター向け和風名刺のアイデア集【男女別】

和風で攻めろ!フリーランスクリエイター向け和風名刺のアイデア集【男女別】 コラム

リモートワークという新しい働き方が増えた昨今、WebエンジニアやWebデザイナーなどのネットを中心に活躍するフリーランスのクリエイターは増えているようです。

そんなネットクリエイターたちにもビジネスツールとしての名刺は必要で、個性やオリジナリティを発揮したい職業であるからこそ、ライバルたちとは一味違うモノを用意したいと思うでしょう。

そんな時、和風のイメージをまとった名刺を用意するのはいかがですか。

ネットクリエイターといえば横文字職業の代表格で、スタイリッシュなデザインの名刺を連想させますが、あえて和風の名刺を用意することで、一風変わった個性が演出でき目立つこと間違いなしです。

この記事ではそんな和風名刺の作り方やデザインのヒントを、男女別に分けてご紹介します。

他とは違ったクリエイティブな名刺を作りたいフリーランサーの方は、どうぞご参考になさってみてください。

フリーランスクリエイターに向いた和風名刺

フリーランスクリエイターに向いた和風名刺
  • Webデザイナー
  • Webエンジニア
  • Webライター
  • Webディレクター
  • Webマーケター

などなど。現在ネットの世界にはフリーランスが活躍できる舞台はたくさんあります。

そんな職業の方が持つ名刺の共通点といえば、URLなどの横文字をたくさん取り入れたデザインになりがちということ。

となれば海外の名刺によく見かけるように、男性であれば「クール」、女性であれば「エレガント」といったイメージのスタイリッシュなデザインの名刺を作ることが多いでしょう。

しかし、そこをあえて和風の名刺で攻めるということは、当然それなりのメリットがあり、そのための演出方法なども存在します。

和風名刺のメリット

ネットクリエイターが和風名刺を使うメリットは、やはり目立つということが1番です。

元来日本語との相性が良い和風デザインを使うことで、横文字を使った洋風イメージの強い作品(名刺)の中でひときわ異彩を放つのは間違いありません。

さらに自身の創り出す作品が和のイメージが強い場合などでは、ブランディングを助ける営業ツールとなるのです。

シンプルこそ和風名刺の美学

和風名刺をデザインする場合には、何よりそこに掲載するテキストや画像などの情報を、できる限りシンプルにレイアウトすることが肝心です。

ホームページURLからSNSアカウントなど、掲載しなければならない横文字テキストが多いネットクリエイターの場合は、それをただ羅列するだけでは和風デザインとの調和が取れるわけもありません。

それどころか文字列の羅列だけでは、せっかくの発信媒体だというのに相手からのアプローチも期待できないでしょう。

ネットの世界で活躍するクリエイターだからこそ、ここはWEB名刺などとの併用も考え合わせ、名刺自体のデザインはシンプルかつ効果的なアクセスを導きたいものです。

>>オンライン時代の名刺交換【WEB名刺】ってなに?無料作成方法の紹介

店舗型ビジネスに学ぶ和風名刺

和風名刺を作成する際に参考となるデザインといえば、寿司屋や天ぷら屋、懐石料理や居酒屋など和系の店舗型ビジネスの名刺です。

和の書体を用い長く商売をして培った、老舗料理店や老舗旅館に見る伝統的な和のイメージは、クリエイターの和風名刺を作る際にも大いに参考になります。

ここではそんな和風店舗のロゴやデザインの実例を、画像SNSのピンタレストから抜粋してご紹介します。

和風にふさわしい色彩バランス

文字とイラストのバランスを取った例

和のバランスで作られたロドデザイン

>>【飲食店・小売店】和風店舗が作る和風デザインの名刺アイデア

男性クリエイター向け和風名刺のアイデア

男性クリエイター向け和風名刺のアイデア

男性のクリエイターが持つ名刺のイメージと聞いて思い浮かべるのは、おおむね次のようなモノでしょう。

  • クール
  • カッコいい
  • 力強い
  • スタイリッシュ

こうしたイメージを具現化するための、和風名刺を構成するさまざまなパーツについて、ここではご紹介します。

おすすめの用紙

男性クリエイターが持つ和風名刺におすすめの用紙。

それは粗目の粒子を持った手漉き和紙や、大胆な透かしや凹凸加工を施した和紙・エンボス紙などです。

また、ヒノキや桐の端材を極薄に加工した木製名刺なども、思い切った和風名刺のデザインにはふさわしい演出となるでしょう。

おすすめのフォント

男性クリエイターの持つ力強いイメージを全面に出すためには、手書きの筆文字を大胆にあしらった和風名刺はいかがでしょう。

表面は名前のみ筆文字で印刷し、それ以外の情報は裏面にまとめたシンプルなデザインは、見る者の視線を捉える印象的な名刺となるはずです。

おすすめの画像素材

男性クリエイターの名刺に使う画像素材は、落ち着いた印象を与えるイラストなどがぴったりです。

竹や山などの定番イメージから職種にまつわるモチーフまで、筆ペン1本で書いた強弱のあるイラストなどは、案外素人が描いてもそれらしく見えるものですから、1度トライしてみてはいかがでしょう。

SNSに見るカッコいい男性クリエイター和風名刺実例

>>【アイデア集】メンズクリエイターに向いたカッコいい名刺の作り方

女性クリエイター向け和風名刺のアイデア

女性クリエイター向け和風名刺のアイデア

女性クリエイターが持つ名刺のイメージと聞いて思い浮かべるのは、おおむね次のようなモノでしょう。

  • かわいらしい
  • やさしい
  • エレガント
  • おしゃれ

こうしたイメージを具現化するための、和風名刺を構成するさまざまなパーツについて、ここではご紹介します。

おすすめの用紙

女性クリエイターが持つ和風名刺におすすめの用紙。

それは、しっとりとした触感を持つ目の細かい和紙や、花などの模様が細かく散りばめられたデザインの和紙・エンボス紙などです。

また、紙自体に薄ピンクやクリーム色などの色がついた用紙も女性クリエイターが持つ名刺にはふさわしいモノですが、あまり色味の濃い用紙は和風のイメージを損ないますので注意してください。

おすすめのフォント

和風イメージを素直に表すのであれば、数々の筆文字フォントを使うのが良いでしょう。

しかし、画像を背景に用いるなどのデザインを採用した場合は、シンプルなゴシック体などを使うほうがデザイン的にごちゃごちゃした印象を与えずに済みます。

おすすめの画像素材

女性クリエイターの名刺に使う画像素材は、やさしい印象を与える花や自然を水彩画調に表現されたイラストなどがふさわしいでしょう。

デザインのバランスを考える上では、個性的なフォントの場合は画像は控えめにする。

逆に画像を前面に押し出した場合は、フォントはプレーンな印象のモノを使用するなど、画像とフォントがケンカしないデザインの調和を探してください。

SNSに見るおしゃれな女性クリエイター和風名刺実例

>>【女性フリーランス必見】ブランディングできる可愛い名刺の作り方

まとめ

昨今増え続けているネット社会で活躍するフリーランスクリエイター。

彼ら彼女らが持つにふさわしい名刺の中でも、ひときわ目を引く和風名刺の作り方について解説してまいりました。

横文字の利用が多い名刺というビジネスツールを、あえて和風でまとめるというのは自身のブランディングにもつながること間違いなしです。

老舗料理店や老舗旅館など伝統ある和風店舗のデザインにも学びつつ、ライバルに打ち勝つ個性的な自身の表現の1つである名刺を手に入れてください。

タイトルとURLをコピーしました